ドリル商品カテゴリー

ドリル検索条件

商品カテゴリーから選ぶ

キーワードを入力


  • その他のリンク

  • ご利用ガイド
  • ご注文の流れ
  • ポイントについて
化学
1.物質の三態

1.物質の三態

本ドリルは「3章:物質の構造-1.物質の三態」編です。化学Ⅱの分野の中から、「気体・液体・固体」を合わせた「物質の三態」を扱います。さらに、発展的内容として「比熱」「蒸気圧(トリチェリーの実験)」も取り上げています。

価格(税込) 216 円

個数:

2.結晶格子

2.結晶格子

本ドリルは「3章:物質の構造-2.結晶格子」編です。化学Ⅱの分野の中から、「面心立方格子」や「体心立方格子」などの「結晶格子」を扱います。

価格(税込) 216 円

個数:

3.ボイル・シャルルの法則

3.ボイル・シャルルの法則

本ドリルは「3章:物質の構造-3.ボイル・シャルルの法則」編です。化学Ⅱの分野の中から、「気体の計算」に含まれる「ボイル・シャルルの法則」を扱います。さらに、発展的内容として「混合気体の考え方」も取り上げています。

価格(税込) 216 円

個数:

4.状態方程式

4.状態方程式

本ドリルは「3章:物質の構造-4.状態方程式」編です。化学Ⅱの分野の中から、「気体の計算」に含まれる「状態方程式」を扱います。さらに、発展的内容として「(ドルトンの)分圧の法則」も取り上げています。

価格(税込) 216 円

個数:

5.溶解度(固体+気体)

5.溶解度(固体+気体)

本ドリルは「3章:物質の構造-5.溶解度(固体+気体)」編です。化学Ⅱの分野の中から、「溶液の性質」に含まれる「溶解度(固体+気体)」を扱います。気体の溶解度は「ヘンリーの法則」と呼ばれています。

価格(税込) 216 円

個数:

6.濃度計算 2と浸透圧・コロイドについて

6.濃度計算 2と浸透圧・コロイドについて

本ドリルは「3章:物質の構造-6.濃度計算 2と浸透圧・コロイドについて」編です。化学Ⅱの分野の中から、化学Ⅰの「濃度計算 1」で扱わなかった「質量モル濃度」、溶液が持つ特別な圧力「浸透圧」、分子や原子、イオンよりも大きな粒子である「コロイド」を扱います。さらに、発展的内容として「浸透圧と水柱」も取り上げています。

価格(税込) 216 円

個数:

7.沸点上昇と凝固点降下

7.沸点上昇と凝固点降下

本ドリルは「3章:物質の構造-7.沸点上昇と凝固点降下」編です。化学Ⅱの分野の中から、溶液だけに起こる現象「沸点上昇と凝固点降下」を扱います。

価格(税込) 216 円

個数:

8.反応速度

8.反応速度

本ドリルは「4章:反応速度と化学平衡-1.反応速度」編です。化学Ⅱの分野の中から、「平均の速度」や「反応速度式」などで示される「反応速度」を扱います。さらに、発展的内容として「活性化エネルギー」など、反応が起こるための条件も取り上げています。

価格(税込) 216 円

個数:

9.平衡移動

9.平衡移動

本ドリルは「4章:反応速度と化学平衡-2.平衡移動」編です。化学Ⅱの分野の中から、「ルシャトリエの(平衡移動)原理」によって示された「平衡移動」を扱います。温度・濃度・圧力による移動だけでなく、受験生の苦手な「希ガスや窒素の注入」が絡んだ「定圧条件」「定容積条件」における平衡移動も扱います。

価格(税込) 216 円

個数:

10.平衡定数

10.平衡定数

本ドリルは「4章:反応速度と化学平衡-3.平衡定数」編です。化学Ⅱの分野の中から、「質量作用の法則」によって示された「平衡定数」を扱います。このドリルでは「(濃度)平衡定数」の他に、気体が絡んだ反応において利用出来る「圧平衡定数」も扱います。

価格(税込) 216 円

個数:

11.電離定数と加水分解定数

11.電離定数と加水分解定数

本ドリルは「4章:反応速度と化学平衡-4.電離定数・加水分解定数」編です。化学Ⅱの分野の中から、弱酸や弱塩基の「電離定数」と、弱酸や弱塩基の塩の水溶液で起きる加水分解反応の平衡定数である「加水分解定数」を扱います。

価格(税込) 216 円

個数:

12.緩衝溶液と溶解度積

12.緩衝溶液と溶解度積

本ドリルは「4章:反応速度と化学平衡-5.緩衝溶液・溶解度積」編です。化学Ⅱの分野の中から、弱酸と弱酸の塩や、弱塩基と弱塩基の塩の混合溶液である「緩衝溶液」と、難溶性の塩の溶解に関する平衡定数「溶解度積」を扱います。

価格(税込) 216 円

個数: